2017年04月09日

私の愛したゲーム「ファミコン編」

任天堂ゲーム機「ファミリーコンピュータ」で遊ぶことができた作品から
好き、楽しかった、愛したゲームを少し紹介。


1位
[ドラゴンクエストシリーズ 1.2.3.4]
iwr-DQ3.jpg
(私の妄想イメージイラスト)

キャラクターデザイン、音楽、シナリオ
そのすべてが親しみやすさであふれた作品。
とても丁寧な作りで 分かりやすいコマンド方式。
迷ってもどこかに必ず攻略のヒントが用意されており
また敵が強くて行き詰まってもレベルさえ上げれば何とかなる。
ドラゴンクエストの登場で ゲームをクリアーし
エンディングを迎える喜びを知ったプレイヤーは多いはず。

中でもボリュームや難易度など 完成度の高さは今でも感心してしまう
「ドラゴンクエスト3」が一番楽しいんだ作品です。

4人パーティで主人公の勇者以外の3人は
職業や性別など 好みにクリエイトできます。
攻略の幅が広いので ゲームクリア後も
もう一度 別のパーティで冒険してみたくなり
何度でも遊んでしまう。

「2」も好きなのですがレベル上げや終盤のダンジョンなど
いろいろと苦労した作品です。
ゲームの中断、再開には「復活の呪文」という
長文のパスワードが必要。書き留めた呪文が間違っていた時の
失望感は何度か経験します。(笑)
ですが苦労した分 思い出深い作品です。

「4」はファミコン作品として熟成されたグラフィックとBGMと
重厚なストーリー。
そして魅力的なキャラクター達のドラマ性。
ストーリーではシリーズで一番好きな作品です。
ただ、画期的だったAIシステムですが
戦闘が自動化されたことに 当時は楽しみを奪われた気がして
すごく残念でした。
いまでも戦闘が自動化されたゲームはあまり熱中できません。



2位
[ファイアーエムブレム]

中世ヨーロッパの騎士が活躍する舞台に
ドラゴンやペガサスのようなファンタジーの要素も加わり
ロマンあふれるシミュレーションRPG。

グラフィックやBGMなど全体のムードも良く
登場するキャラクターみんなに独特な個性と愛嬌があり
1人も死なすことなくクリアーするために
何度もリセットボタンを押しました。
特にガサスナイトのカチュアは大事に育てました(笑)。

ファイヤーエムブレムはその後に沢山のシリーズや
リメイク作品が発売されましたが
このFC版ファイヤーエムブレムの神秘的なグラフィックが素晴らしくて
私が「絵で表現できない」と嫉妬した
最初で最後のゲームグラフィックかもしれません。
個人的に。
この作品のおかげでいろいろなシミュレーションゲームにハマっていきました。


3位
[ファイナルファンタジーシリーズ 1.2.3]


ドラゴンクエストと並ぶRPGの代表作、ファイナルファンタジー。
ファイナルファンタジーは難しい。
特に「2」をプレイした時に痛感しました。
熟練という慣れないシステムやどこに行けばいいのか迷ってしまう
放り出された感。ついにクリアできずに断念。

そして「3」発売後、久しぶりにFFと再会してみた。
3は1、2と比べると完成度が高く かなり遊びやすく作られており
あまり迷うことなく最後まで楽しめました。
FF3はDQ3に並ぶ大作ではないでしょうか。

そして一度 挫折した「2」をあらためてプレイし、
今では「2」が一番奥の深い作品ではと思っています。
システムやストーリー、やればやるほど発見があり
ドラゴンクエストでは決して味わえない感覚のRPG作品です。

FCのファイナルファンタジーは
淡くみずみずしいグラフィックと音楽、
そして切ないストーリー。
私が好きなこのムードは 後の作品では表現されていないので
FCのファイナルファンタジーには特別な思い入れがあります。

という具合にRPGばかりが占めてしまうので
RPG以外も思い返してみました(笑)。


1位
スーパーマリオブラザーズ3

マリオ3作目。尻尾で飛ぶことで
横だけでなく縦にも世界が広がり
探索が楽しい作品でした。

2位
テニス

このゲームがあれば
友達や兄弟と長々と遊べてしまう
単純ながら完成度の高い作品。

3位
迷宮組曲

音楽が素晴らしい。
シューティング要素のあるアクションゲームで
難しいけど何度も挑戦したくなるほど世界観が斬新。
かわいい見た目に不安にさせるステージ構成が印象的でした。
posted by Viridian at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。